ネズミ駆除を自分でやる時のコツ

ネズミ駆除業者に依頼すると費用がかかるため、自分でやろうと考えているなら、いくつかコツがあるので覚えておくと良いのですが、まずはネズミの巣がある場所の特定から始めるようにしたいです。というのも、これがわからないと家中に罠を仕掛ける羽目になるため、場合によっては生活に支障が出るからです。たいていは屋根裏などにあるので、一度調べてみることをおすすめするのですが、糞や足跡、あちこちをかじった跡があるなら、少なくとも頻繁に行動している場所である可能性が高いです。そこで市販されているネズミ駆除用の粘着シートを一面に敷き詰めておきましょう。

これは捕獲したネズミをそのままゴミ袋に入れて捨てられるため、手間が省けて便利です。ただし、生きている状態で捕まえることになるため、間違っても素手で触らないように気をつけたいです。手袋かホウキとチリトリを使うなどの工夫をしておきたいものです。もしも居場所がわからないのであれば、ネズミ駆除のためのエサが売っているので、それを台所に仕掛けておくと良いです。

他にも入られたくない場所の付近に、超音波を出してネズミを遠ざけるという機械があるため、設置しておくと安心です。家の中に入って来たということは、どこかに通り道があるはずなので、そこを探し出して、目の細かい網を張っておくか、パテと呼ばれる特殊な粘土を詰め込んで穴を塞ぐようにしておくと、他のネズミが巣食うのを避けられます。超音波でねずみ対策のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする