海外への小学生留学とは

今や様々な産業や経済において、世界規模で様々な人種の人が行き交い多方面で活躍する時代になりました。

その様な有能な人材を早期の段階から育ててるのが目的で小学生留学を受け入れる国が数か国存在します。また、そういった国際社会への関心が親を始め家族間でも増え始めた証拠でもあります。小学生留学はそれぞれの国と地域から集まるので、言葉や風習は全く異なるものです。各国それぞれの常識が他の国では非常識になる事もあるのです。

欧米社会では子供は早くから自立できるように、子供の行動を見守り自立心を養う教育の仕方をしています。幼い頃から食事、排泄、衣類の着替えは自ら行えるのが当たり前という考え方があります。子供には必要以上に手を掛けず、就寝の時も個室に幼い頃から寝かせる等、日本とは異なる文化があります。小学生留学といっても様々な形態があります。

夏休み冬休み等を利用とした短期間留学や保護者同伴の親子留学、子供だけの単身での留学などがあります。年齢に関しても低学年と高学年で教育の仕方を変えます。低学年であれば、人間関係の基本を質よりも量を重点的に考えています。非常に好奇心が旺盛で活発なエネルギーを持ちあわせた年代で自分で何でもやろうとする心が自立心を育てます。創造や実験など体を使って遊びから多くの物を学ばせるのです。高学年は、友達と知識や経験を活かした交流の仕方を学びます。仲間との繋がりを重視して社会に出てからの基礎を作っていきます。