• 不純物や有害物質を除去するろ過器

    日本の水道水は、世界的にみても安全といわれています。


    ただし、それでも気になるところはあります。
    大腸菌やコレラ菌などの病原菌を殺菌する塩素は、ふくまれている濃度が高いと、人の肌に悪い影響があるといわれています。


    また、水道管が老朽化していて、鉛製を使っている場合には、わずかに鉛が水道水に溶け込んでしまっていることがあります。ですので、水道水に含まれる不純物や有害物質を完全に除去して、より安全な水を生成するためにはろ過器を使用する必要があります。現在では、一般家庭のろ過器普及率は、約4割前後といわれています。


    また一般家庭だけではなく、オフィスなどでも積極的に利用されているようです。

    ろ過器に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

    水は毎日飲むものですから、おいしくて安全な水を利用したいものです。


    ろ過器を利用するうえで注意する点は、ろ過器は水の中にふくまれている殺菌作用のある塩素を除去するため、水を汲みおいて放置していると、その水は細菌にとって居心地のいい水となり、逆に雑菌がすみついてしまうことがあるということです。



    こういったケースは稀ですが、そうなってしまうと本末転倒なので、ろ過した水はいつまでも放置せず、早目のうちに使用したほうがいいでしょう。



    ろ過器選びもとても大切になります。

    中には品質の悪い製品も出回っていることがありますから、値段だけで安易に決めてしまわず、ちゃんと信頼のできるメーカーの、評判のいい製品を購入するようにしましょう。